聖鯖を舞台に自由に生きる一人の漢の、身を削るような生き様を自由な文章でつづる日記。
≪2017年04月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   2017年06月≫
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古川秀一投手
2006年12月21日 (木) | 編集 |
2005年の夏の甲子園。

人口13000人の長崎県の小さな町から初出場した県立高校が、
優勝候補と言ってもいいチームを次々に撃破し、ベスト16に進んで話題となった。
その活躍は、俺の心をわしづかみにした。

その学校とは、長崎県立清峰高校だ。
長崎には特に縁もゆかりもないのだが…愛工大名電との1回戦を見たその日以来、
今年に至るまで清峰の記事からは目が離せない。

そして、当時のその快進撃の立役者が、エースの古川秀一君だ。

あれから1年ちょっとが過ぎた。彼は大学で野球を続けている。
今日は、彼についての記事を書こう。
古川君は、清峰高校を卒業後、九州の日本文理大に進学した。
彼は高校時代にして既にMAX142km/hという、かなりの水準の左腕だった。
故障さえなければ、そう遠くない未来、再び名前を目にすることが
あるとは思っていたが…。実は見つけてしまったw

神宮の6大学野球における、九州の枠は1つ。
その1つの枠を争う、九州大学野球選手権なるものが10月に行われた。

その前哨戦となる地区予選では、決勝で20奪三振。
オイオイ、1年にして既に大黒柱しちゃってるぞw

奪三振王古川!

この試合は敗れたわけだが、選手権では同じ相手との準決勝で、今度は完封!

大学初完封!

決勝では九産大に敗れはしたものの、存在感は十分に示した。
まさか1年にしてここまでの存在になっているとは…。
速球も149km/hまでスピードアップし、高校時代から更に凄い投手に成長している。

本当に故障しないことを祈る…。
このまま行けば、卒業後は間違いなくプロに進む事になるだろう。
とにかく、彼の今後からは目が離せないのである。
スポンサーサイト
テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ
コメント
この記事へのコメント
不動産投資信託と30代,40代の転職
不動産投資信託とは、不動産を投資対象とする投資信託のことをいう http://lateral.rcrane4law.com/
2008/12/03(Wed) 05:55 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

Jabee

Author:Jabee
Profile







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。