聖鯖を舞台に自由に生きる一人の漢の、身を削るような生き様を自由な文章でつづる日記。
≪2017年09月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   2017年11月≫
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仰天!!ヒルブレPT
2006年10月14日 (土) | 編集 |
ヴァナの世界は楽しいですか?ジャビさんです。

一人では大したことなくても、複数揃う事で威力が跳ね上がる事がある。
黒PT然り、召喚PT然り、墓のモPT然り。

そういう特殊PTの1つに、リューサンが複数揃った時に威力を発揮する
ヒルブレPTなるものがある。
と言っても、リューサンを上げてもない限り、出会うことは基本的にはない。
数ある特殊PTの中でも、知名度は「聞いたことある」程度でしかない人が多いはずだ…。

今日はそんなヒルブレPTに誘われた。
期待はメチャあるのだが、何しろ初めてのことで不安も付きまとう…。

本日の昼間。
相変わらず、侍のメリポを稼ぐために希望を出していた。
すると、こんな感じでお誘いがきた。

ヒルブレPTどうですか~?

個人的に興味はあったが…実際誘われる日が来るとは。
即ヨロシクお願いします、と返事を返した。

そうして完成したのは、モモモ竜竜赤というPTだ。
しかも、「ヒールブレスで回復するのでサポ戦でいいですよ~」というではないか…。
(赤さんのところには詩人さんを入れる予定だったようだが、いなかった)
モンクの同志も、サポ戦でいいなんて何ヶ月ぶりだろうとか言っていた…w


狩場は、火山のトロール。
移動狩りになるのだが、リューサン2人はサンクションリフレをつけての狩り。

Jab061014130858a.jpg


ヒールブレスについて注釈を入れると、HPが50%以下の赤字で、
ディアとかバといった詠唱の早い魔法をする。
すると、ブレスを吐いて対象のメンバーを回復してくれるのである。
ウィルム頭有りで、1回のブレスの回復量は実に300後半まで行く。

そういう感じなので、HPが凹んでも一発即死系の技がない相手なら何とかなる。
その他、アンゴンで防御カット効果もあるので、いい感じにやれるわけだ。

実際、チェーンが鬼のようにかさむ訳ではないが、立ち止まらずに狩り続けられ、
普通に狩りになっていたと思う。

Jab061014140725a.jpg


とりあえず最後に個人的見解として。

ヒルブレPTは、このような性質なので、ウルガラン山とかのような
1発WS即死の可能性がある場所では不可能。場所を選ぶ編成です。

コレは今回に関してだが、赤さんがコンバートをするとブレスの標的がそっちに移る。
そのため、回復が遅れて事故死1回あり。

後、モンクとしてはバーサクはTPOを考えて行う事
HP1600を超えるぐらいあれば、800ぐらいでヒールブレスを受ける事になるが…。
この800という数字で、敵の攻撃を何度耐えれるかが問題だ。
WSと通常攻撃の連発を受けて沈む事があるので、要注意。
「構える」は、もってのほか。ヒルブレPTでは、絶対やってはいけない。


事故死もあったが、終始楽しい雰囲気のPTだった。
紳士のリューサンもモンクの同志たちも気分のいい奴らだった。
機会があれば、また是非やりたいと思う。
スポンサーサイト
テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム
コメント
この記事へのコメント
最近は時給1万はいかないと~っていう
中にあって、偏った特殊構成でのメリポは
稼げるのと、稼げないのと両方可能性は
ありますが、なにより楽しい。

これが重要ですよね。
2006/10/14(Sat) 20:44 | URL  | shiho #JalddpaA[ 編集]
for shihoさん

楽しければ時給は二の次でもいいんです。
ネタになれば、事故死上等w

きっとまだこの世には一般に知られていない、
意外な破壊力の編成もあるのかもしれない…。
そういう可能性と出会うのも、1つの楽しみ方かもしれません。
2006/10/15(Sun) 23:49 | URL  | SuperMonk #-[ 編集]
【えっ!?】
>「構える」は、もってのほか。ヒルブレPTでは、絶対やってはいけない。
常時かまえてもらってます・・・
確かに事故死多かったですけど、カウンター35%は魅力的・・・
2006/10/22(Sun) 18:57 | URL  | ちゃぼ #-[ 編集]
for ちゃぼさん

お初です、訪問&コメントありがとうございます。
個人的な都合で不在にしてたもので、お返事が遅れてゴメンナサイ、、、

で、構えるをタブーといっている経緯ですが…
その前に構えなくてもいいと思う理由から。

1.前衛5人で蛸殴りとした場合、アンゴンやディアII(orIII)の効果もあり、
バーサクを敢えてやらずともチェーンは切れない。
2.バーサクをしないなら、構える必要はない。
3.被弾を構えて減らさなくても、MPはまず余裕。

で、最後に↓が重要。

4.HPを減らしてヒルブレを受ける事が前提なので、上にも書いているように
ヒルブレを受けれる状態(HP50%以下)までケアルは来ない。
その状態で、敵のWSを耐え、追い討ちの通常攻撃にも耐える状況はある。
構えるとWSの間の悪さで事故死は絶対起こる。
(ご存知という前提で話していますが、WSはカウンターできませぬ…)

まして野良前提だと、事故死を起こさずに切り抜けるのは無理ではないかと…。
まぁ個人的な意見です。

俺はモンクに心を捧げたNOUKINですので、そりゃ構えて戦えるならそうしたいが…w
事故死で攻撃が中断するとか、事故死してもレイズ1しかないとか、
まぁ今後も野良ヒルブレPTでは構えるは使用しないだろう…と思います。
2006/10/25(Wed) 07:38 | URL  | SuperMonk #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

Jabee

Author:Jabee
Profile







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。