聖鯖を舞台に自由に生きる一人の漢の、身を削るような生き様を自由な文章でつづる日記。
≪2017年09月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   2017年11月≫
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海蛇の長い一日 後編
2006年07月23日 (日) | 編集 |
空気女と小人を連れて 街にサーカスが来る前に
ぼくら終ろう お別れしよう 夏の来る前に

サーカスが来ると 二人ドキドキして

まだぼくは君を 恋してるのかもしれないなんて 思いちがいをして

サンフランシスコ



分かんないだろうな…全く関係はない、、、今回こそ、今回こそ完結編です。

長かった海蛇の戦い、ついに完結編です。
いい加減このネタもう引っ張れない…w

何より書き上げないと次の日記に移れないので。


10時、11時…相変わらず沸くのはザコ蛸ばかり。
既に張り込み10時間以上に及び、限界を通り越していた。心身的にやさぐれてきてもおかしくない、、、
寝落ちていた約1名が戻り、5人体制に戻る。

事ここにいたり、ライバルの集団に異変が。
時間的な制約だかメシ時だか向こうの事情は知らんが、人が減り始める。
張り込みが緩み、蛸をこちらのPTが取る回数が増え始めた。

今沸けば取れるかもしれない…期待が膨らむ。
だが、それ以前に形はどうあれ人4人を10時間以上に及び拘束しているわけである。
時間的にもう無理だ、抜けると言われてもおかしくない。
だが、誰も抜けるとは言い出さなかった。非常に嬉しい事ではあったが…。

こんな申し訳ない気持ちとはコレでおさらばしたい、、、
俺の目の前にボーンと沸いてくれ、そういう気持ちだった…。


p.m.0:00頃。
敵LSの集団が蛸に一斉にディア等の魔法をかけたログが4ほど…
その蛸の名前…Charybdis。背中が凍りつきそうになったが…。

Jab060717120147a.jpg


後ろを振り向くと、赤ネームのジュワ蛸が。
忍者さんの挑発で釣り勝ちでした。


Jab060717120628a.jpg


後はマンボマンボでウルトラ忍者さんがガッチリタゲを固定し、
暗黒スタンと白フラッシュで補助入れつつ、拳で削る。
削りにやや時間は掛かったものの、安定して撃破に成功。

Jab060717121951a.jpg


こうして、100%ドロップのジュワユースを無事取れたのである。


言わずもがな、こういうNMのアイテムというのは、
一般的には張り込んだ皆のガチロットが普通である。
共通の願望(欲望)があるから、こうした長時間の拘束に耐えられるのだ。

だが、今回来て張り込んでもらったのは、極端な話俺一人の我侭に過ぎない。
皆には、何の旨みもないのだ…。

Jab060717122305a.jpg


だが、皆何も言わず一緒にこんな長時間張り込んでくれた。
手放しで喜んでくれた…。
この世界、こんないい話がまだあるのである。捨てたものじゃない。
涙が出そうになるほど嬉しい、というのはこういうときに当てはまるのではないだろうか…。

俺が皆に出来る事といえば、金とか何とかで返せるものじゃない。
行動で返すしかないだろう…。
具体的にどうすりゃいいのか分からんが、、、

なんにせよ、このジュワは宝物と言っても過言ではないシロモノになる事だろう。
まだ装備できないが、いずれジュワを腰にぶら下げて戦う姿をお見せしたいと思う。
スポンサーサイト
テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

Jabee

Author:Jabee
Profile







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。