聖鯖を舞台に自由に生きる一人の漢の、身を削るような生き様を自由な文章でつづる日記。
≪2017年09月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   2017年11月≫
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07選抜開幕!観戦記1
2007年03月25日 (日) | 編集 |
こんばんわ、ジャビさんです。
ゲームをやれないので、映画とか何とか見るぐらいしか日々の楽しみがない…。

選抜高校野球が始まったので、しばらくは野球観戦に凝る事にしよう。
当分はこのブログも選抜ネタ特化になりそうだ。

3/23に開幕した選抜高校野球、金曜土曜で既に1回戦の5試合が終了した。
まぁ金曜は見ることが出来なかったが、土曜の2試合は観戦した。


2日目第一試合(今治西vs都留)

常連校の今治西に、21世紀枠の都留が挑む。
両チーム、エースが4番。投打の要の働きにゲームの展開が左右されそうだ。
もっとも個人的には今治西を応援しており、かつ優勢だと思っていたのだが…、
予想もしない苦戦を強いられる事になる。

2回裏、今治西は4番熊代君の2塁打でチャンスを作り、1死3塁から犠牲フライで先制する。
ところが、その後全然チャンスを作れず、追加点が取れない。
なんと5回まで、その熊代君の2塁打だけ。ヒット1本に押さえられてしまう…。

逆に5回表、都留はセーフティバントで出塁した走者を送り、
1番橋本君のタイムリーで同点に。
レフトが後逸し、走者が3塁まで進む…がここは熊代君踏ん張る。
しかし6回表にも無死から4番小林君のヒットが出て、送りバントの後、
またタイムリーを打たれて逆転を許す。

マトモな逆転のチャンスのないまま迎えた8回裏、今治西の攻撃。
1死から失策で出塁した後、ヒット2本続き、1死満塁のチャンスを作る。
4番熊代君の打球は浅いセンターフライで、タッチアップできず。
しかしその後、5番の笠原君がレフト前に2点タイムリー。
終盤、ついに3-2と逆転に成功した。

7回以降は熊代投手が都留打線にチャンスを与えず、1点のリードを守りきって勝利。


この試合、都留のヒット7本、今治西は6本。
両投手が好投を見せる中、打線は互いに少ないチャンスで確実に加点していった事が伺える。
試合は今治西の勝利に終わったが、どちらが勝っててもおかしくない内容。
都留高校の選手には、夏に向けて大きな自信になったことだろう。


2日目第二試合(熊本工vs県和歌山商)

熊本工は説明不要の九州の強豪。
今年は機動力に長けたチームだという事だが、冬の間にどう成長を遂げたか?
県和歌山商は久しぶりの甲子園らしいが、智弁和歌山を県大会で完封した
試合内容が評価されての出場だけに、その実力に注目。
だが、チームカラーは守備力よりは打力に裏づけのあるチームらしいとの事だ。

先発は熊本工は隈部君、県和歌山商は吉本君。
初回はそれぞれ失策、死球で走者を出したものの、危なげない立ち上がり。
だが、試合は序盤から動きを見せる。

2回裏熊本工、内野安打で走者が出塁し、2死2塁の場面。
ここで3盗を仕掛け、相手捕手の送球エラーを誘って先制点を奪う。
いきなり持ち味の機動力が破壊力を発揮する。

その直後、3回表の県和歌山商、1死から四球により出塁した走者が内野ゴロで2塁に進む。
3番辻君の2塁打が出て、あっさり同点にされる。
4回表にも内野ゴロの間に1点奪われ、熊本工は簡単に逆転を許してしまう。

だが、熊本工も黙ってはいない。
4回裏、2死から四球で出塁した走者がボークで2塁に。
7番藤本君がタイムリーヒットを打ち、2-2とすぐ同点にする。
少ないチャンスでも無駄にせず点につなげてくるのは、さすが熊本工である。

5回表にも2死3塁からのタイムリーが出て、また3-2と突き放されるが、
試合はその直後5回裏に転機を迎える。

5回裏熊本工の攻撃、1死から3巡目となり、1番藤村君。
主将である彼が熊本工の攻撃の起点であり、彼が打つことで打線の流れが出来る。
ここまで2打席は抑えられてきたが…、
3打席目は難しいコースのフォークをセンター前に打ち返して見事出塁に成功。

1死1、2塁となって3番今村君が右中間に3塁打を放つ。
俊足の2人の走者が還り、一気に4-3と試合をひっくり返す。
4番渡辺君もタイムリーで3塁走者を還し、5回裏3点を奪って5-3とする。

6回裏、県和歌山商の投手は坂口君に変わる。
この回2死2塁で、ここでまた1番の藤村君に打順が回る。
今度はライトの頭上を破る見事な3塁打を放ち、6-3として試合の流れを完全に傾けた。
俊足がクローズアップされているが、走攻守全てが揃ったすばらしい選手である。

2年生である昨夏から熊本工の主戦として、既に甲子園のマウンドも経験している隈部君だが、
昨年の夏よりも球種を増やし、速球も早くなっていた。
失点はしているものの、コースをうまく使い打たせて取り、
大きく崩れない安定感は相変わらずだ。

試合はそのまま9回表となり、2死から粘りで繋いで1点返したものの、
県和歌山商の反撃もそこまで。
6-4で熊本工が見事に緒戦突破を果たす。見ごたえある内容だった。


今日はあいにくの雨によるグランドコンディションのため、
機動力は使えなかったらしいが…熊本工の打力のパワーは一冬超えて向上している。

県和歌山商の守備陣は、相当熊本工の機動力を意識していた。
内外野が前進して守る場面が多く、2本の3塁打は前進守備の外野の頭上を超えたものだ。
打力の裏づけが出来ると、機動力も更に生きてくる事だろう。

後は、やはり藤村君の出来が、熊本工の打線の働きに大きく利いてくる。
彼が出塁する事で、攻撃の形が整い、5回の3点に繋がったのだ。

私見だが、今年の熊本工は、これまで甲子園に出場し続けた過去3年に比べても強いと思う。
96年夏以来の上位進出に、期待したい。


スポンサーサイト
テーマ : 日記
ジャンル : 日記
コメント
この記事へのコメント
うどんと太ももダイエット
うどんの麺100gには、たんぱく質/6.8g、ビタミンB2/0.03mg、食物繊維/1.2g、ビタミンB1/0.09mg、ビタミンB6/0.03mgが含まれています http://hpdeskjet.consultsmartz.com/
2008/10/31(Fri) 00:39 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

Jabee

Author:Jabee
Profile







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。