聖鯖を舞台に自由に生きる一人の漢の、身を削るような生き様を自由な文章でつづる日記。
≪2017年09月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   2017年11月≫
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スペックぶった斬り:侍編
2007年02月13日 (火) | 編集 |
日々死線をさまようジャビさんです、こんばんわ。


最近、装備について思うことがある。
以前、モンク装備を晒した事があるが…
世の中には、あれ以上の装備を持っているモンクは何ぼでもいる。

しかし、測ると黒帯とかあるモンクでも圧倒的に削りが俺より足りないとか…、
リディル戦の削りが異様に少ないとか、首をかしげる事が多い。

モンクと実力を測る場合は、サポ戦の戦場が多く、尚更差が大きく出る。

そして、1つの結論に至った。
装備はある程度の水準を上回れば、立ち回りに比べればカスだ。

立ち回りとは…自分であれこれ試行錯誤をするものだ。
よって、模範解答などない。自分でよりよい方法は見つけていかねばならんのだ。
それも修行のうちだ…。

今日は、我がセカンドメインの、侍のスペックを晒してみる。

俺はモンクである。だが、同時に侍でもある。
自他共に認めるメインモンクではあるが、侍にも負けず劣らず思い入れはある。
という訳で、侍に置いては徹底的にSTRを極めて、筋肉バカになってやろうと思ったのだw

そして…いろいろなことをして、徹底的に装備を集めまくった。
今の俺は、どれだけ侍でSTRがブーストできるようになったのか?

頭…修羅(STR+5)
首…剣侠(STR+3)
胴…麒麟袖(STR+10)
手…アルキオ腕輪(STR+11)
背…フォーレージマント(STR+3)
腰…ウォーウルフベルト(STR+5)
脚…修羅(STR+5)
足…八幡NQ(STR+2)
左耳…ブルタル
右耳…武士耳(STR+2)
左指…ラジャス(STR+5)
右指…フレイム(STR+5)

この時点で、STR+56になる。
八双状態では更にSTR+10上乗せになる。
後は、食事で増える分がこれに含まれるが、ソールスシ(STR+5)として全部でSTR+71に。

個人的には、これぐらいでブーストは限界だと思うが…。
Elvは種族装備でSTRは増えないので、足は八幡様しかないのである。
これ以上の上乗せは、合成で作れるもののHQに頼るしかない。(まぁ事実上無理w)

ブルタルを凱旋に変えればSTR+2になるだろうが…
WSにダブルアタックが乗る可能性に思い至り、却下となった。
夜間専用ではあるが、バンパイヤピアス(STR、DEX+4)もよさげだが…
武士耳の両手刀スキル+5とSTR+2は天秤にかけたら微妙だろうか?保留。

後は武器を牛切丸(STR+3)等ににするぐらいか。
仮にサポシを前提としたら、破軍のTPボーナスによるWS削り補正を凌駕できるとは思えない。
サポ戦とか、通常削りの性能も要求される状況ならそれもありかも知れぬ。

投擲は競売を覗いてもいい装備が見つからなかった。

現在、素のSTRはメリポの+5含め、サポ戦80、サポ忍78、サポシで76。
諸々の装備加え、実に150前後に及ぶ。よくまぁかき集めたものだ。
後はエンチャントでSTR+10される腰装備もあるようなので、仮に使用すればSTR160という次元に及ぶ。


Jab070203203343a.jpg



ちなみに現在、通常殴りの装備は、とて以上という前提ではこうしている。

頭…ワラタ
首…剣侠
胴…修羅
手…落人
背…フォーレージマント
腰…ライフベルト
脚…ビャッコ
足…風魔脛当
左耳…ブルタル
右耳…武士耳
左指…ラジャス
右指…フレイムorスナイパー

ヘイスト第一優先で、後は命中を多めに。
両手武器では当てることを第一優先とし、俺はこのようにしている。
ヘイスト有無などでTP取得が変化する際は、八幡様のストアTPを利用し、
得TPを上手く調整してやるのも重要。
(1振りTP15だとTP100まで7振り⇔1振りTP14になると、8振り…etc)
侍は通常削りよりWSで削りを稼ぐジョブと認識しているので、
最短距離でTP100にする術を常に意識している。



以下、侍に関連するメリポの状況。

黙想→5段階
残心確率→5段階
正正堂堂→3段階
峰打ち→1段階
士気高揚→1段階
意気衝天→1段階

STR→5段階
クリティカル→4段階
被クリティカル→4段階

現在、回避に4段階振ってるが…これを両手刀に変えてしまおうか、真剣に悩んでいる。
今後出番がどれほどあるか、によるだろう。

この中で、黙想と正正堂堂はかなり効果が色濃く出る。
黙想に関しては、単純に1段階6秒の時間短縮だが、当然回転数に大きな差が出る。

正正堂堂は、敵の正面で戦うことで攻撃力に補正を得ることができる。
そして、これが実にはっきりと見て取れる違いが出るのだ。
指向性範囲攻撃(前方範囲)を持つ敵が相手の場合は、立ち位置が悩ましいところだが。


最後に、方向性は当然1つではない。
サポもシーフのみではなく、状況によって色々使えばいいし、
戦略によって戦い方も色々変わる。
俺は…モンクと侍の状況による使い分けで、色々試していく事にしたい。

個人的には、もっと侍の出番が欲しいとは思っているw

スポンサーサイト
テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム
コメント
この記事へのコメント
PC・システム開発
PC・システム開発を探すなら http://www.carrot-import.com/200162/101287/
2008/11/13(Thu) 08:14 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

Jabee

Author:Jabee
Profile







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。