聖鯖を舞台に自由に生きる一人の漢の、身を削るような生き様を自由な文章でつづる日記。
≪2017年09月   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   2017年11月≫
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NOUKIN's、アルテマにリターンマッチ!
2007年02月05日 (月) | 編集 |
どもども、ジャビさんでござい。


俺はこのブログを立ち上げる以前にも、日記っぽいものを書いていたことがある。
だが、当時は1行日記でも書いていたものだが、ブログを書くようになり、
長文しか作成していない。
大体、1回の記事を作成するのに1時間以上を要する。
そう考えたら、月に10件前後のペースで更新できてること自体が奇跡に近く思えてきた…。

そこまでして書き上げることで人々に伝えたいのは、自分の生き様であり哲学だ。
真理なんて崇高なものではなく、むしろ真理や常識を捻じ曲げることで、
コレまで考えられもしないような方法論を編み出し、道を切り開いてきた。

モンクに魅せられた一人の漢が、もう数年に渡ってアフォなことを続けているわけである。
幸運なことは、なぜか周囲によき理解者に恵まれて支えてくれてるため、
このような人間でも何とかなっている。

コレは奇跡的なことであり、周囲の皆様には感謝しなければならないと思っている…。

以下、本編に続く。

まずは前振りから。

前回玉砕したアルテマ戦を、リベンジすることになった。
敗北後、深夜に及んで作戦の打ち合わせが行われたのである。
その中の決定事項として、俺は侍でなくモンクサポ忍で出撃することになった。

前回、盾はナと赤盾を用意していた。
アルテマはシタデルバスターという強烈な範囲攻撃を行うのだが、
そこで盾が壊滅してタゲがグダグダになったことを敗因と考え、
モンクのHPを生かして第三の盾として耐え抜こうという案を提案した。
そして、なぜかこの案が採用されてしまった…。
要するに、今回の立場としては、俺は矛盾兼用で動くこととなる。

決定後、事前情報をいろんなブログをめぐって探してみたものの…。
ナ盾はパラニンがいいとか、赤盾推奨とか言う情報はあちこちで見ることが出来る。
しかし、モのHPを生かして耐え抜くなどという戦法は情報が見つからない。
実際、色々経験者に相談しても、物笑いの種にしかならない…。

それなら自分なりに色々考えるしかない。
これがもしまかり通れば、自分で常識をまた一つ切り崩したことになる。


色々考えた末に、手荷物一杯に装備、薬品を準備した。
HP強化装備は、メレー系が足しかないものの、5神装備の力も借り、
後はカルボナーラを食して増やす。
その他、力尽きた後のためにMNDブースト砲台装備。大袖もお借りした。
後はやまびこや毒消しなどの薬品群。

HPブーストは、装備とメリポ8段を含め、食事で2030ちょい。
Ex装備などがあれば、まだ増やせる要素はあるのだが…。
とりあえず今持てる装備として、これでやってみるしかない。
魔法防御装備はマーマンイヤリングぐらいしかないのだが、豊富なHPで何とかなるだろうか?
シェル、耐光カロル、ファランクスIIを含めてどこまで抑えられるか?


…と言う作戦を決定したにも関わらず、モンクを盾の1つとして使うという事は、
情報として全員には浸透していなかったorz

メンバーの白さんは、ひゃっほいするなとか、ひゃっほいしたら知らんとか言う始末…。
まだ何もしてないだろうに…何でそこまでコケにされなきゃならんのか。

いきなり急激にモチベーションがダウン。。。
まぁ作戦会議の中身は聞いてないようので、仕方あるまい。
しかも誰もコレが決定事項であることをフォローしてくれないので、
実際に実力で証明するしかあるまい、、、確信はないが。


Jab070204212055a.jpg



以下、実際の戦闘。


作戦の1つとしては、開幕は百烈し、こちらでヘイト稼いでいる間に、
盾とかにヘイトが乗っかればいい…と思ったのだが。
実際には、物理攻撃の通りが悪く、ナイトのアビの揮発ヘイトを
凌駕できるほどの削りには至らず、タゲ回しが出来る程度に留まる。


Jab070204213436a.jpg



無想無念を使うと少しは通るが、劇的に増えはしない。
更に、カルボナーラを食しているため、シースーの時ほどは攻撃は当たらない。
とりあえず、序盤はパラニンと赤盾で保持しながら、ある程度順調に削れていく。
モンクである私は黙々と殴りつづけるのみ…。


しかし、中盤から物理精霊無効、アーマーバスター、
詠唱速度のないに等しいホーリーIIなど、攻撃にえぐさが増す。

ちなみに物理無効でも、無想無念は通る。

中でもディシペーションが強化全消え&テラーという強烈な技であり、
蝉やリレの張りなおしがとにかく一苦労。
この時間帯は赤盾が粘る。ナ盾が潰れた後も、衰弱中は赤盾で耐えていた。
俺も1回潰れ、衰弱中は砲台で応戦。


そして、大崩れなく削っていくと、お約束のシタデルバスターが飛んでくる。
この時間帯は、物理無効や精霊無効があり、削りも順調にはいかない。
シタデルでナ盾赤盾はあえなく崩壊し、いよいよモ盾の真価が問われる!


…そこで奇跡は起きた。


Jab070204221957a.jpg



ケアルも何もない孤立無援の状態で、シタデルを2発耐え切った!!!
1回ケアル貰い、3発シタデルを耐え切り、4発目でついに事耐えるも300秒時間を稼ぐ。
5分時間を稼げば、衰弱も復活する。

その後は全員ゾンビアタックを繰り返し、少しずつ削って行く。
皆力の限り殴り、力の限り精霊を打ち込む。
残り1割を削るのが、それまで9割を削る以上に辛い…。

この時間帯では、衰弱待ちをする余裕はなく、衰弱が回復した後のHP回復も期待できない。
気孔弾→砲台→シタデル直撃→起きてまた気孔弾→…というループの中で戦う。


Jab070204222412a.jpg



4度の死亡後、衰弱状態から最後の気孔弾を打ち込んで、モンクの出番は終わる。
その後、バーストII2発でようやくアルテマは沈んだ。戦闘時間、実に55分。


Jab070204222431a.jpg



気になるドロップは、古銭4枚、心臓、脚2個。
取れた皆様、おめでとうございます。


さて、最後に俺なりの戦闘の考察。

とりあえず、HP生かしてシタデルを耐え抜くと大見得を切った面目は保たれた…と思いたい。
アタッカーとしての削りは、11000程度と前回よりは明らかに削っている。
シーフさんが10000程度の削りで、恐らくモとシの削り分がかなり総削りに利いている。
個人的にはそれ程削っている印象はなかったのだが…意外な結果だった。

やまびことか毒消しも大量に持ち込んだのだが…なぜか1個も使用することなし。
リレ装備は8回分ぐらい消耗したのだが。

シタデルに関しては、やはりファランクスIIとかの恩恵は無視できない。
後は、大袖の耐光+50も何気に利いていたのかもしれない。

回復をこちらにも回す猶予が出来れば、今回以上に耐えれる可能性はある。


結論:モンクでシタデルの盾をすることは、不可能ではない。
無論、俺が出来る限りのことをやったとしても、周囲の協力無しにはどうにもならないのですが…。
一度勝利した前例が出来てしまったので、今後NOUKIN'sでは
この作戦がスタンダードになるのではないだろうか。

これはある意味、モンクの限界をぶち破った挑戦に成功したことを示す。
後は他の方々がどういう風に今回の結果を評価していただけるか…。

スポンサーサイト
テーマ : FINALFANTASY XI
ジャンル : オンラインゲーム
コメント
この記事へのコメント
いやいや!じゃびさん大活躍だったとおもう!
MVPじゃなかろうか!
シタデル=死と思ってたが、全然生き残ってるじゃびさんを見て驚愕しておりました。

それに引き換え狩のなんとしょぼいことか。。
総ダメは5500ほどと前回と変わらず・・・
忍で出撃したほうがいいんじゃまいか?w

俺も俺なりにいろいろ工夫はしてみたが、いまいちの結果でしたね!狩はw

なにはともあれみんなの力で勝ち取った勝利ではありますが、じゃびさんの功績は称えようもない素晴らしいものでしたよ!!(注:ほめすぎではないw
2007/02/06(Tue) 01:25 | URL  | kank #mZPIzUKM[ 編集]
まずは オメガ討伐おめでとう!

もし じゃびさんが サポ盾として いなかったら… 前回の二の舞いになってたんじゃ なかろうか。

何はともあれ おめでとう!
2007/02/06(Tue) 15:46 | URL  | さいぽん #-[ 編集]
おめでとう。
3発も4発もシタデルを耐えられる可能性があるなんて驚きですが。
クリアタイム55分、つまりじゃびさんは盾役、削り役を
全うしているって事です。
ちなみに、かんくさん。
狩人はオメガもアルテマも平均所の安定した削りを
実現するに留まるのは仕方が無いところです。
そのぶん、サルベで活躍の場を与えられた感があるのでw
とにかく、おめでとう(^▽^)ゴザイマース
2007/02/06(Tue) 18:41 | URL  | shiho #JalddpaA[ 編集]
みなさま

今回の結果の反響が思いのほか大きく、ビックリしてます。

削りのほうは、命中完全放棄でHP増やすことばかり
考えていたので、実際スカスカ。
余り期待はしていなかったので、逆にビックリでした。

各人が色々試してみるのはいいことだと思う。
ただ、通常で殴るのは、クリティカル以外は余り通らないようです。
後は、削ろうとすると手数で稼ぐしかない。

何より…コレが一番難しいだろうが、極力死なない事でしょう。
モ、侍、シは、仮に死んでも衰弱状態でも削り手段がある。
忍者は…昏睡してWSするぐらいしか手がないか?

いずれにせよ、前例がないことは恐れず、
提案してやってみる事が大事だと考えます。
戦力が足りなくても、前例がなかろうと、
あるもので出来る限りの手段を考える事は、
決して無駄じゃない。

今回の結果を受けて、俺の原点である、
自分で考えて楽しむ、という方法論を再確認できたと思います。
2007/02/06(Tue) 20:34 | URL  | SuperMonk #-[ 編集]
再就職と30代,40代の転職
再就職とは、会社を辞めた人が再び新しい職場に就くことをいう http://dang.rcrane4law.com/
2008/11/17(Mon) 03:38 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
本文 :
パスワード :
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

Jabee

Author:Jabee
Profile







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。